これからグーグルは

ますますコンテンツの質を重視していく

時代に入ったようです。

 

10月からアドセンスの管理画面における

仕様が変更になりましたよね。

 

今までは一度アカウントを取ってしまえば

自由にアドセンスサイトを追加することができました。

 

それが今後は、新規取得時ほど厳しくは

ないようですが追加サイトも審査を

受けなくてはいけません。

 

 

また、先週の土曜日に渋谷で

「アフィリエイトフレンズ祭り」っていう

イベントがあったんですね。

 

私は同じ日に大阪で行われた仲間内での

勉強会に参加したため、このイベントには

参加できなかったんですけど。

 

このイベントの目玉の一つが、

グーグルの中の人によるセミナーだったんです。

 

内容はアドセンスではなく、

サイトアフィリエイト寄りのお話だった

そうですが、もちろんアドセンスに役立つ

内容も盛りだくさん。

 

私も参加できなかったので、行ってきた人の

話を聞くだけになってしまいましたが…。

 

それでも聞いてる限りだと、

ここでもやっぱり

 

グーグルはコンテンツを重要視している

 

というメッセージが伝わってきたそうです。

 

 

そして、ユーザーにとって使いやすい、

満足してもらえるブログの作りだったり

内容であることが大事だと。

 

まあ、前々から言われていたことですけど

改めてスタンスを明確にしてきたっていう

感じでしょうか。

 

 

そうなると結局は、ユーザー目線にたった

ブログ作りに励まないといけないってことですね。

 

で、ユーザーが喜ぶコンテンツって何?

って話になると思うんですね。

 

何を書けばユーザーが満足して、

結果的にグーグルも満足するのか。

 

これ、気になりますよねー。

 

今までやってたようなイベント記事とか

生活お役立ち系の記事はもう使えないのか?

 

そう思った人もいるかもしれません。

 

 

いやいや、そんなことはないんです。

 

記事ネタとして使えなくなるようなことは

ありません。

 

でもこんな要素がある記事だったら

文句なく喜ばれます。

 

それが、

 

・行ってみた、やってみた記事

・自分の経験や考えが散りばめられてる記事

・自分の持ってる知識をフル動員して濃いー

内容に仕上げた記事

 

この3つ。

 

この中のどれか1つでも出来てたら、

その記事は強いです。

 

別にね、最初から最後までまるまる↑の

ような内容である必要はないんですよ?

 

イベント記事なんかで、

「とにかく人出が多く、

一度はぐれてしまうと再合流するのが大変」

なんてことを書きたいとしたら…。

 

混雑が激しいイベントに行くときって、

いつも必ず最初にバラバラになってしまった

時のための待ち合わせ場所と時間を決めておくんですよ。

 

〇〇の場所に、12時、14時、16時に集合とかって。

 

イベントによっては携帯が繋がりにくく

なってしまうこともあるので、こうやって

決めておけば、見失ってしまっても確実に

合流できるから便利ですよ

 

とか

 

子供ってちょっと目を離したすきに

いなくなっちゃったりするので、私は必ず

ハーネスを使ってます。

 

賛否あるのは知ってますけど、これだけ

人混みの激しいお祭りだとどれだけ気を

つけてても100%を見失わないなんて自信

ないんですよね。

 

とか

 

以前、別の場所ですけど初詣に行った時

あまりの混雑で相方とはぐれてしまったんですよ。

 

でもアケオメメールや電話やらで、

なかなか繋がらない!結構焦りました(笑)

 

後から知ったんですけど、ああいう時でも

SNSって意外と繋がるらしいですね。

 

今度からはSNSで連絡を取り合おうねって

なりました。SNSおススメですよー。

 

相手の姿が見えなくなったりしたら、SNSを

使いましょう、SNS!

 

とかね。

 

今まで通り、ネットでのリサーチ結果を

メインとした記事を書いていてもいいんです。

 

でも、それだけじゃなくてプラスαで

あなた自身の経験とか考え、意見など

ガンガン入れていきましょうっていうこと。

 

ほら、検索結果に内容が似たり寄ったりな

記事ばかりがズラーっと表示されてること

ってよくありますよね。

 

どれ読んでもネタ元というかリサーチ元は

同じなんだろうな・・・みたいな(笑)

 

そこに、

何かあなたにしか書けない情報だったり

意見だったりを追加してください。

 

リサーチ結果を淡々と書いていくんじゃなくて

 

 

「私はこう考えてる」

 

「私も似たような経験をしたことがある」

 

「こういうことをしたら効果があった」

 

「これはダメだった」

 

「一般的にはこうらしいけど、でもあっち

の方法でもアリなんじゃないかと思ってる」

 

 

とか、そんなことをどんどん追記していくんです。

 

これだったらハードルは高くないですよね?

 

で、もし丸々1記事書けるような体験談とか

ガッツリと語れるような知識があれば

それについての記事もガンガン書いていきましょう。

 

これが、グーグルが求めている

「コンテンツの質」を高めることに繋がっていきます。

 

グーグルさん恐るるに足らず!

 

です(笑)

 

 

あ、アクセストラップを実践してる方は

メンバーサイトの中の「記事を書こう」の

1番目「ユニークな記事を書こう」で

じっくりと解説されています。

 

しっかりと読みこんでくださいね!

 

Twitterでフォローしよう