ブログを書いてると画像を載せる機会って多いですよね。

 

で、その画像サイズを事前に変更することも多いハズ。

 

今はソフトも無料でいいものがいっぱい出てますが、ブラウザ(インターネット)上で使えるものもあります。

 

ネットさえ繋がってれば、どのPCからでもアクセスできるので意外と便利なんですよー。

 

私が最近お気に入りでよく使っているのが「bulk resize photos」というサイト。

 

これは画像サイズだけでなく、jpegからpngなど拡張子の変更もパパっとやってくれるサイトなんですよ。

 

全ての写真を同じサイズに変換したいのであれば、一括でまとめて実行することももちろんOK.

 

ただ全て英語なんですよね。ていっても、そこまで難しくないんですけど。

 

簡単に使い方をご紹介しますね。

 

 

写真のサイズを一括変更するだけじゃない!Bulk Resize Photosでできること

 

まず簡単に、Bulk Resizeで出来ることを書いておきます。

 

画像サイズの変更

 

[imglist icon="check1" color="black"]
  • オリジナルの何パーセントで拡大縮小
  • 長い方の辺の長さを指定
  • 高さを指定
  • 幅を指定
  • 高さと幅をそれぞれで指定
[/imglist]

 

このパターンでのサイズ変更が可能なので、まあよほどのことがない限り思い通りに変換できますね。

 

いろいろな大きさの画像を同一サイズにしたいのであれば、長さを指定すれば一気にガサっと変換できちゃいます。

 

画像と画像のサイズ比を維持したいのであれば、パーセントでの拡大縮小を選べば1枚ずつちまちまとやらずに一括でまとめて変更できます。

 

 

watermark(透かし)が入れられる

 

watermarkっていうのは、よく著作権を主張するためにロゴとかを透かしで入れてたりしますよね。

 

こんな感じの↓

 

 

 

これは適当に作ったので出来はイマイチですが、この写真の真ん中に入ってるやつ、あれがwatermarkです。

 

これが入れられます。あ、この透かしの透過率も任意で変えられますよー。

 

 

拡張子の変更

 

拡張子っているのはファイルの種類で、画像ならjpeg(jpg)やpngが一般的ですね。

 

あまりこだわりを持ってる人も多くないと思いますが、一応JPGとPNGは使い分けすることもできます。

 

私も詳しくないんですが、写真はJPGでイラストはPNGの方がうんたらかんたらっていう話を聞いたことがある・・・。

 

で、この拡張子を変更することが、このbulkresizeではできます。

 

私もたまーに使ってます^^

 

 

Bulk Resize Photosの使い方はとても簡単!

 

では、ここからはBulk Resize Photosの使い方を説明しますね。

 

全部英語なので「うわ・・・」ってなってしまう人も多いかもしれませんが、そんなに身構えなくても大丈夫。

 

たいして難しくないですよー!

 

 

まずはBulk Resize Photosのページに行きましょう。

 

いきなりこんな画面になります。

 

 

サイズを変更したい写真をドラッグしてもいいし、緑のボックス(Choose Images)から選んでもOK.

 

複数の画像をまとめて選択もできますよー。

 

 

 

 

写真を選んだら、こんな画面になります。

 

まずは何をしたいのかを決めないといけないので、順番に説明しますね。

 

左サイドの青いメニューを見てみましょう。

 

 

「Scale」を選ぶと、オリジナルの写真の何パーセントに変換したいのかを決められます。

 

複数枚の写真を選んでる場合、それぞれで画像の大きさが違ったら変換後もバラバラの大きさの写真になりますね。

 

決まったら、「Start Resizing」をクリックしましょう。

 

 

 

 

次は「Longest Side」

 

これは縦でも横でも長い方の辺の長さを指定します。

 

指定する基準はピクセルですからねー。

 

 

 

 

「Width」は画像の幅を指定。

 

幅というよりも、横の方が分かりやすい?

 

注意しないといけないのが、画像を回転させている場合。

 

ほら、オリジナルの画像だと向きが違ってて90度とか180度回転させることってありますよね。

 

この時はもともtの向きが基準となりますからねー。

 

 

 

 

「Height」は画像の高さ、もしくは縦の長さですね。

 

こちらもさっきと同じく、回転させる前のオリジナルの向きが基準となります。

 

 

 

 

「Exact Siz」は縦と横の長さをそれぞれ指定しちゃうもの。

 

指定の仕方は「幅(横)×高さ(縦)」となります!

 

 

 

 

「Add Watermark」ですね。

 

Watermarkはさっきも説明した通り、著作権とかを主張するときに入れる透かしマークです。

 

「Pick Watermar Image」で透かしで入れる画像を指定してくださいね。

 

 

 

で、ちょっとこの画像を見てください

 

左側に赤線で囲ってる部分がありますよね。

 

今まで説明していた画面は、隣の「Basic」が選択された状態です。

 

ここで「Pro」を選択してみましょう!

 

 

「Pro」を選ぶと、↑で説明したサイズ変更と同時に他のこともできるようになります。

 

 

 

 

これは画像の拡張子変更ですね。

 

JPEGからPNGとか、PNGからJPEGに変換した時に選びましょう。

 

 

 

 

背景を変えることもできますが、これはもともとの画像に「背景」が組み込まれている場合のみ。

 

いわゆるデジカメやスマホのカメラで撮った写真では使えません。

 

無料の素材屋さんなんかでPNGファイルでダウンロードできるイラストなんかは、背景が変えられることも多いかな。

 

そして、Watermarkも追加することができますねー。

 

 

 

 

どの操作をする時も、画像を変換させるときは下にある緑の「Start Resizing」をクリックします。

 

変換された後に出てくる画面はこんな感じね↑

 

変換された画像は「Download」ファイルに格納されているので、確認してみてくださいね。

 

引き続き別の写真のサイズを変えたいときは、オレンジの「Resize Another Batch」をクリックしましょう。

 

 

 

画像編集ソフトを使うのも便利ですが、Google Chromeなんかのお気に入りにこのサイトを入れておくと、とても快適に使えます。

 

ソフトだと立ち上げたりなんだかんだって時間かかることもあるじゃないですか。

 

これだと「お気に入り」から直接アクセスして、サクっと画像サイズの変換ができちゃうんですよね。

 

はい、ぜひ使ってみてくださいねー^^

記事を書いても書いてもアクセスが来ない・・・
アドセンス収益が上がらない・・・

それ、いつまで続けますか?

たった3つのイベント記事で、それまで稼げなかったブログが大激変!
日本一のアドセンス塾の公式サポーターがそのからくりを教えます!
期間限定でプレゼントも配布中!

Twitterでフォローしよう