先日、アクトラ実践者さんとやり取りをしていて、これは同じような悩みを持ってる人がいるはず!と思ったのでシェアしますねー。

その方、山田さん(仮)って言うんですけど、リサーチにとにかく時間がかかるって悩んでました。

1日がリサーチだけで終わってしまうことも珍しくないんだとか。

 

私からアクトラを購入してくださった方には、リサーチから記事書きまでを効率的に作業するためのレポートをお渡ししてます。

でもこの山田さんは、そうじゃないんだって言うんですよね。

 

よくよく話を伺ってみると、

間違った情報を発信してしまうのが怖い。

だからリサーチもどこで終わらせればいいのか分からなくなってしまう。

っていうことなんだそうです。

 

まあね、気持ちはわからないでもないです。

適当に書いたんだろうなーっていうサイトもよく見かけるしね。

専門家によって意見が違うなんてこともよくあるし。

 

で、山田さんは慎重になりすぎてしまってリサーチに時間を使いまくった挙句に、記事にしないで終わってしまうことも珍しくないんだとか。

やり取りの一部をご紹介しますね。

 

―――――――――――――――――――

リサーチするときは、知恵袋を見たり、グーグルで調べてみるんですが、書いてあることが本当なのかどうか自信が持てなくて、

納得できるまで調べ続けてしまうので、すごく時間がかかってしまいます。

 

どうしても書いてあることの確証が欲しいと思ってしまって、調べるだけで1日終わってしまうこともあります。

―――――――――――――――――――

 

こう仰ってました。

これね、似たような不安や悩みを持ってる人って多いと思うんですよね。

 

なかには、お金さえ稼げれば別にいいんだって、割り切っちゃうというか読者のことを気にしないって人もいるけど。

でもほとんどの人は、もっと真面目に真摯に取り組んでるはず!

 

でね、解決策はあるんですよ。

それも簡単な。

この時に私が返信したメールの一部を抜粋しますね。

 

―――――――――――――――――――

さて、リサーチに関してですね。

 

正しい情報が気になって時間がかかってしまうお気持ち、よく分かります。

それに間違ったことは書けないっていう、その意識もとてもいいと思いますよ^^

 

ただそれが影響して、時間ばかりかかると困りものですよね^^;

リサーチは慣れの部分もあるので、最初は時間がかかってしまうのは仕方ないことだと思ってください。

 

…と書いて終わったんでは、サポートになってないので私の場合で書きますね。

こういう時に一番いいのは、「正解がないテーマを取り上げる」なんです。

 

誰が見ても答えが一致する「平成は4月末で終わる」みたいなテーマは取り合わない。

そうではなくて、「人によってやり方が違う」「人によって合う合わないがある」みたいなテーマを積極的に取り上げてみてください。

 

子育てとか掃除、仕事の段取りの進め方、こんなのは全て正解がないものですよね。

また例えば酵素ドリンクなんかも、「自分にとってはどうだったのか」という目線で書けばそこまで正解にこだわる必要はなくなります。

 

そのうえで、もしリサーチをしている時に

「肌荒れがひどくなった」なんて書き込みがあったら、「肌荒れがひどくなる人もいるみたいだけど自分にとっては相性がよかった。自分はこんな使い方をしているんだけど…」

みたいに書けばオッケーです。

 

もっとリアリティを持たせたければ、知恵袋で「合わなかった」って書いてあったとしたら「私の知り合いはどうも体質的に合わなかったみたいで、どうのこうの」って身近な人の例として出してしまいましょう(笑)

 

なんか逃げてるようにも見えるかもしれませんが、こういう正解がないものの方が検索する人って多いし、「他の人はどうなんだろう?」って思う人が多いんですね。

だから需要という意味でもバッチリなんです。

 

またものすごい極端な話になってしまいますが、明確な人体への悪影響が出たり使い方を間違えると重大事故に繋がる恐れがあったりする場合って、政府が規制したり、ちょっとググればすぐに情報って出てきます。

それがない、賛否両論あって判断がつかない、専門家や専門施設でも見解が違うっていうことは、やっぱり今の時点では「私の場合はこうですよ」っていう書き方でいいと思うんですね。

 

もっともこれが

「こんにゃくゼリーをそのままの状態で80歳のおばあちゃんにあげてます!」

なんて書いてしまうと、いくら「自分の場合は…」だとしてもちょっと…ってなりますが。

 

少し曖昧な説明になってしまいましたが、このように考えていけば、もう少し肩の力を抜いてリサーチできるかなと思います^^

―――――――――――――――――――

 

「正解のない記事」って聞くと、ハードルが高く難しく感じるかもしれませんね。

でも「体験談」なんてまさにそうじゃないですか。

イベント記事だってそうですよね。

 

イベントって、

「こうしたらいいよ」

「あそこに行くんだったらこれは見逃せないよ」

「ここをこうやって行けば楽だよ」

とかって提案する記事が多くなるでしょ?

 

体験談っていうほど大げさなものじゃなくても、

・小学生なのにおねしょが止まらない…

・義実家への手土産はどうしよう…

・取引先に見積もりをお願いしたいけど

なんて言ったらいいんだろう…

 

こんなのも全て、唯一絶対の正解なんかないから、自分のやり方、自分の考えを書いたところで〇×をつけることはできません。

そしてそういう悩みって、日常生活の中にごろごろと転がってます。

こういうのをどんどん記事にしていきましょう!

 

記事を書いても書いてもアクセスが来ない・・・
アドセンス収益が上がらない・・・

それ、いつまで続けますか?

たった3つのイベント記事で、それまで稼げなかったブログが大激変!
日本一のアドセンス塾の公式サポーターがそのからくりを教えます!
期間限定でプレゼントも配布中!

Twitterでフォローしよう